節分に「イワシ」を食べる理由

鰯(いわし)の語源は「弱(よわ)し」「卑(いや)し」です。
弱くていやしく、更には臭いのある鰯を食べることで「陰の気」を消す、という意味があります。

節分に「クジラ」を食べる理由

大きいものを食べると縁起がいいとされていて、節分に鯨を食べることは、大きな幸せを願ったり、大きく元気な子に成長してほしい、心や志を大きく、という鯨の大きさに願いを託した山口県の習慣です。


山口県では「大きいもの」と「小さいもの」を食べて1年の幸せを願う習慣があります

大きいものの代表として「くじら」、小さいものは「いわし」といわれますが、いわしよりもさらに小さい「ちりめん」を使ったお寿司レシピを紹介します!友達や家族と一緒に、1年の幸せを願うプチパーティーをしてみてはいかがですか?


くじら大和煮を袋から出して、そのまま手巻きの具材として利用できます。 たれに味が付いているので、調理の必要なし!お好みでマヨネーズをかけても美味しいです。


ちりめんとカリカリ梅をたっぷり使った「いなり寿司」。酢飯に混ぜるだけで美味しさアップ!カルシウムとミネラルたっぷりのいなり寿司は、この一年の健康を願うのにもぴったりです。


酢飯と具材を段々に重ねることで、ご飯の量をコントロール。ちりめんくじら大和煮も牛肉や豚肉に比べて低カロリー。カップ寿司は、見た目も可愛いので女子や子どもに大人気!

節分の日に「おすすめの商品」はこちらからお選びください

節分特集

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 10商品中 1-10商品
  • 次のページ